今すぐお金を借りる方法は?

今すぐお金を借りる必要がある時、「一体どうすれば良いのか分からない」とお悩みの方は多いのではないでしょうか?

急な出費があった時はカードローンやキャッシングを利用するのが、今すぐお金を借りる方法としては1番良いです。

しかし、その日にお金を借りるにも多少のコツと注意点がありますので、それを知らないで申込んでしまうと、今すぐお金を借りることができずに終わってしまうかもしれません。

そこで今回は「今すぐお金を借りる必要がある」という方のために、即日でお金を借りる方法を解説していきたいと思います。

 

安心安全にお金を借りるなら有名カードローン!

安心安全にお金を借りるなら有名カードローン!

カードローンやキャッシングを利用できる金融機関は数えきれないほどあります。

その為、何処でお金を借りるのがよいのか分からないと言う方も多いのではないでしょうか?

今すぐお金を借りる必要がある時など、時間がないとじっくり考えている余裕もありませんから、冷静に判断できず適当に決めてしまいがちです。

しかし、今すぐお金を借りることは勿論ですが、やはり安心できる金融機関を選びたいものです。

 

銀行カードローンなら間違いなく安心してお金を借りることができますが、審査が厳しい上に時間がかかる可能性が非常に高いです。

今すぐお金を借りる方法としては、正直向いていません。

消費者金融は銀行カードローンよりも気軽に利用しやすいというメリットがありますが、安全面では銀行に劣ります。

但し、それは中堅の消費者金融を選んだ場合であって、大手なら銀行の傘下に入っていますので、銀行でお金を借りるのと同じぐらい安心感があります。

大手なら安心かつスピード対応ですから、今すぐお金を借りる方法としてはピッタリの金融機関です。

 

今すぐお金を借りる方法の注意点はなに?

今すぐお金を借りる方法の注意点はなに?

カードローンは他のローン商品に比べ、お金を借りるまでの時間が非常に早いです。

今すぐ用意する書類も簡単なもので良いですし、手続きもネットから申し込みで来店不要で契約可能ですから、その日にお金を借りることも難しくありません。

しかし、カードローンだからといって必ず当日中に今すぐお金を借りることができるわけではありません。

即日お金を借りるにもきちんと条件が定められており、それをクリアしないことには、その日に今すぐお金を借りるということは出きませんので覚えておきましょう。

どうしてもお金が借りる必要があるからと焦って申込みしてしまうと、その日にお金を借りることができない可能性があります。

ですので、申し込みする前にどんな条件があるのか必ず確認しておきたいところです。

また、今すぐお金を借りるための条件は金融機関によって異なりますので、間違えないようにしましょう。

即日で今すぐお金を借りる方法は主に2種類あります。

 

口座振り込みで融資を受ける場合は、銀行の営業時間内つまり朝の9時~午後15時の間にすべての手続を完了させる必要があります。

その日に審査可能な申し込みには締め切り時間がありますので、何時までに申込みすればよいのか確認しましょう。

口座振込の場合は遅くてもお昼までに申込みしないと間に合わない可能性が高いです。

銀行カードローンですと締め切り時間が早いですから十分に注意しましょう。

もう1つの方法はローンカード発行での今すぐお金を借りる方法です。

この方法は主に大手消費者金融で可能な方法となります。

 

大手消費者金融では無人で手続き可能な自動契約機が全国各地に設置されています。

それを使って手続きするとその場でカードが発行されます。

受け取ったカードはATMでお金を引き出すことが出きます。

自動契約機でお金を借りるメリットは平日の15時過ぎや土日祝日でも対応できる点です。

平日は仕事という方でも仕事帰りに利用できますし、週末でもお金を借りるための手続きを取れます。

確実に今すぐお金を借りる必要があるというのであれば、口座振り込みよりも自動契約機を利用するほうが良いかもしれませんね。

 

消費者金融と銀行!今すぐお金を借りるなら?

消費者金融と銀行!今すぐお金を借りるなら?

カードローンは銀行と消費者金融どちらを選べばよいのか迷いどころかもしれません。

特に初めてキャッシングする方は何がどう違うのか分からず決められないかもしれませんね。

銀行にも消費者金融にもそれぞれメリット・デメリットがありますので、一概にどちらが良いということは出きません。

重要なのは「自分の借入する目的にマッチしている方を選ぶ」ということです。

 

安心面という点では銀行のほうが上のように思えるかもしれませんが、大手は銀行の傘下に入っている金融業者が多いですから、安心面ではそこまで大きな差はないといえます。

銀行カードローンは低い金利でお金を借りることができるのが最大のメリットと言えます。

少ない利息負担でお金を借りる事が出きますので、無理なく利用することが出きます。

また、融資可能額も非常に高額ですので、大口のお金を借りる場合にも適しています。

反対にデメリットは、手続きに時間がかかることです。

低金利でお金を借りるため審査は慎重に行われるので、どうしても時間を要します。

今すぐお金を借りるという場合には少々不向きではあります。

 

一方で大手消費者金融のメリットは、お金を借りるときの速さにあります。

「最短30分で審査結果回答で1時間あればお金を借りることが可能」…なんてところもあるほど、対応が早いです。

ですから、今すぐお金を借りるという場合は消費者金融を選ぶのが良いです。

デメリットとしては、お金を借りる時の金利が高いことです。

法定利息ギリギリの金利で貸し付けているため、返済時に支払う利息額は銀行に比べて多くなるということをは覚えておきましょう。

但し、消費者金融の中には期間限定で無利息キャッシングを提供しているところもありますので、上手く使えば利息負担一切無しでお金を借りることも可能です。

大手消費者金融なら基本的にどの金融業者でも即日融資に対応しています。

更に自動契約機を使えば平日の夜間や土日祝日でも即日でお金を借りる事が可能です。

金融業者ごとに自動契約機の数が違いますので、自分が住んでいる地域の近くに自動契約機を置いていない金融業者もあるかもしれません。

大手消費者金融の中から選ぶ場合は、自動契約機の数を基準に決めるのも良いかもしれませんね。

 

銀行カードローンは今すぐ借りる方法としては厳しい!?

銀行カードローンは今すぐ借りる方法としては厳しい

銀行カードローンも以前に比べると、即日で今すぐお金を借りることができるところが多くなりました。

銀行の融資と聞くとどうしても時間のかかるイメージが有りましたが、最近では申し込んだその日に今すぐお金を借りることがOKなところもあります。

ですから、今すぐお金を借りる方法の選択肢の1つとして考えても良いのかもしれません。

ただ、銀行カードローンの即日融資は条件が「やや厳しめ」であるのが残念な点と言えます。

まず、申し込みの締め切り時間が異常に早いです。

もちろん銀行によって締め切り時間は違いますが、その多くは午前中でで締め切ってしまいます。

中には朝の9時で閉めきってしまうとこともある程です。

銀行カードローンは審査に時間がかかるため、その分、申し込みの締め切り時間が早いのです。

融資方法は基本口座振り込みとなりますが、振込先の口座が指定されている場合が多いです。

つまり、どの銀行の口座でも良いというわけではなく、その銀行で指定した銀行の口座でないと即日融資不可と言う事になります。

基本的に申し込みする銀行の口座でないと、その日に今すぐお金を借りるのは無理と思っておいてよいでしょう。

銀行は平日営業が基本となりますので、仕事をされている方にはやや使いにくいです。

タイムリミットが15時まで非常に短いですから、平日休みがある方でないと銀行で融資を受けるのは先ず無理でしょう。

当然、土日は休業日となるので、週末にお金を借りる必要がある場合でも対応は出きません。

 

主婦や学生もバイトしてればお金を借りるのはOK!

主婦や学生もバイトしてればお金を借りるのはOK!

カードローンは融資対象が非常に幅広いのも魅力の1つと言えます。

主婦や学生など属性の低い方でも働いて安定した継続収入があれば、お金を借りることができます。

主婦であればパート、学生ならアルバイトで問題なくお金を借りることができます。

ただ単に収入があれば良いということではありませんので、注意してください。

ポイントは継続的収入があること、そしてそれが安定していることの2点です。

継続的にとは毎月途切れること無く収入を得ている状態のことです。

そして安定しているとは毎月ほぼ一定額をもらえている状態のことを言います。

月によって金額が大きく異なると安定しているとは言えませんので注意しましょう。

 

特に学生ですと、アルバイトを入れない月もあるかもしれませんので、そうなると収入にバラつきが出てしまいます。

そのため、「お金を借りることができない可能性もある」ということは頭に入れておきましょう。

基本的にはどの金融機関でも申し込みは可能ですが、学生の場合は、銀行カードローンだとお金を借りることができないところが多いです。

確実にお金を借りるのであれば大手消費者金融を選ぶほうが良いでしょうね。

 

ブラックリストや無職がお金を借りるのは不可能!

ブラックリストや無職がお金を借りるのは不可能!

カードローンを利用するには必ず審査をクリアしなければいけません。

審査基準は金融機関ごとに異なりますが、安定した収入があることは必須条件となりますから、無職の方はお金を借りることはできません。

お金を借りるからには返済しなければいけませんから、その為には自分に収入がないといけません。

ですから無職の方は残念ですが申込不可となります。

虚偽の申告で申込みしても絶対にバレますので止めましょう。

 

また、多重債務の方、返済遅滞歴がある方、自己破産や債務整理をしてブラックの方もキャッシングすることはできません。

これらの履歴を隠しても信用情報を確認すれば即座にバレます。

上記の方は働いて収入が安定的であっても信用情報に問題があると借り入れはほぼ絶望的です。

過去に金融事故を起こしていると同じことを繰り返す可能性があると見られてしまうため、審査には通らないのです。

 

個人間融資でお金を借りるのは危険!?

個人間融資でお金を借りるのは危険!?

「どうしてもお金を借りたいから」と言って、ヤミ金や個人間融資でお金を借りることは絶対に止めましょう。

ヤミ金は御存知の通り、違法な金利で貸付を行ない長期に渡って利息を支払わせようとします。

また、払えない場合は暴力的な取り立てや嫌がらせをしてても回収しようとしてきます。

更には親や身内、知人、会社の人間などその人に関係あるであろう人にも催促しようとします。

非常にたちの悪い業者ですので、絶対に手を出さないことです。

 

個人間融資はその名の通り、個人間でお金の貸し借りを行う方法です。

ネット掲示板で「お金を貸す人」と「お金を借りる人」が直接的に連絡相談しあい取引を行ないます。

簡単な審査でお金を借りることができるので、「金融機関で断わられてしまった」という方や、「ブラックでまともな金融ではお金を借りれないような人」が利用することが多いです。

しかし、近年では「個人間融資を使って詐欺行為を行う悪徳業者」が非常に多く、危険です。

個人情報だけを奪って、その後連絡が取れなくなったり、保証金と称してお金を騙し取る行為が横行していますので、できれば個人間融資でお金を借りるのは避けましょう。